事前に知っておくべき脂肪吸引の注意点

脂肪吸引は余分な皮下脂肪を取り除くことができる簡単な手術だと考えてしまいがちですが、実はそれほど簡単ではありません。
美容整形はプチ整形の流行などで比較的安易に受ける人が受けてします。
脂肪吸引もその延長のように考えてしまうのかもしれませんが、どんな手術でも正しい知識を持つことが大切です。
脂肪吸引の注意点は事前のカウンセリングに充分な時間をかけてどのような手術なのか、手術当日の流れ、術後のケアについてもしっかり話し合うことです。
通常病院で医師の問診を受けるのと同様に常用している薬があったり持病を持っている場合は担当医に伝えることも大切です。
事前のカウンセリング、検査をしっかりと行わない病院は要注意です。
特に患者の健康状態や常用している薬についてはちゃんとした病院ならば事前に調査するはずです。
体質によっては手術を受けられない患者もいます。
たとえば脂肪吸引手術には麻酔を使いますので過去に麻酔によって気分が悪くなったりした経験がないかどうか、臓器に異常がないかどうかなどによって手術に適応できるかどうかを見極めます。
取れる脂肪には限度があることも知っておかなくてはいけません。
脂肪を取り除くとその部分は空洞になりますので脂肪を覆っていた表面の皮膚はたるみます。
必要以上に取り除いてしまうとたるみきってしまいますので適量でなければなりません。
最近では、脂肪吸引を行う女性・男性が少しずつ増えていますね。
実際に私の知り合いでも脂肪吸引を行った人がいました。
脂肪吸引をしたいと思っている方、これからしようとしている方必見!脂肪吸引の注意点を3つ紹介したいと思います。
まず1つ目。
一度で終わらせたいからといって脂肪を大量に取り過ぎない事。
なぜなら脂肪を大量に取り過ぎると折角痩せたのに皮膚がたるんだりしわができたりしてしまうんですって。

次に2つ目。
信頼できる病院と主治医を選ぶ事。
なぜなら脂肪吸引は名前の通り脂肪を吸い込む手術なので、主治医の腕がなければ理想の結果にならなかったり、最悪の場合神経を傷つけて皮膚に痺れが残ったりする場合があるそうです。
実際に脂肪吸引を行った人の口コミ等念入りに調べてから病院を選んでほしいですね。
最後の3つ目は麻酔のリスクを理解する事。
麻酔を使うと女性の場合月経が遅れたりする事があるそうです。
なので妊娠中の方生理中の方が脂肪吸引をする事は大変危険なんですって。
他にも、麻酔を使う手術全般に言える事ですが、麻酔の量を間違えると後遺症が残っるとうい事態も想定されます。
これは2つ目の注意点にもあるように主治医の腕が問われます。
脂肪吸引は楽に痩せられる事ができますが、その分当然リスクもあるのできちんと主治医の説明を聞き理解したうえで手術に望んでほしいですね。